BLOG

みんなで止めよう!安保法案9.6かながわ緊急集会

国会での戦争法案審議が緊迫するなか、横浜弁護士会のよびかけで緊急集会が反町公園で開催され6000人が集まりました。集会ではジャーナリストの鳥越俊太郎さんが安倍総理の危険性をナチスのヒトラーにたとえて糾弾、日本がアメリカの戦争体制に組み込まれれば新幹線を狙ったテロなどが現実味を帯びると警告しました。漫画家の石坂啓さんは全く会話の通じない安倍総理は、自衛官が「殉死」することをすでに想定し、マスコミも巻き込んで美化するつもりだと指摘しました。政党からは民主、共産、社民があいさつ。最後までがんばろうと激励しました。 集会後、沢渡公園までパレードしてアピールしました。

    
 

関連記事

ページ上部へ戻る