高額療養費制度

支払う医療費が高額のときに

高額療養費制度

保険診療による自己負担額(1割~3割)が、一定の自己負担限度額を超えると、超えた分が高額療養費として建設国保から支給されます。

区分多数回
上位所得世帯150,000円+(医療費-500,000円)☓1%83,400円
一般世帯80,100円+(医療費-267,000円)☓1%44,400円
住民税非課税世帯35,400円24,600円
区分外来限度額(個人単位)入院及び世帯の限度額
一定以上所得者44,400円80,100円+(医療費-267,000円)☓1%(4回目以降限度額 44,400円)
一般12,000円44,400円
低所得Ⅱ8,000円24,600円
低所得Ⅰ8,000円15,000円
1、個人または世帯で上表の限度額を超えた場合、限度額を超えた分が支給されます。限度額は所得金額によって決定します。
2、同じ世帯で12ヶ月以内に4回以上高額療養費の支給を受けるとき、4回目以降は、上表の限度額を超えた分が支給されます。(多数回)
3、同じ世帯で1ヶ月に2ヶ所以上の医療期間において、各21,000円以上の自己負担があるときは、これを合算して限度額を超えた分が支給されます。(世帯合算)
※ 該当年度の世帯全員の所得資料添付が必要です。
※ 所得資料の未提出者は上位所得者としての限度額となります。
※ 上位所得者とは、同一世帯のすべての被保険者の基礎控除後の総所得金額の合計が600万円を超える世帯をいいます。
※ 低所得者は世帯全員の非課税証明が必要です。
※ 入院された場合の一部負担金の支払いが困難なときは、組合・支部にご相談ください。
※ 介護保険の利用がある場合は、高額介護合算療養費の対象となる場合があります。詳しくは国保組合にご相談ください。
Ȃ̒̌݋Ǝҁu܂vx
PAGETOP