BLOG

(株)サカクラ佐々木常務を迎え、塗装経営セミナー開催

12月9日、本部会館で、(株)サカクラ佐々木常務取締役を講師に塗装経営セミナーが開催され、各支部から20人が参加しました。
佐々木常務は、最初に参加者の主な職域を確認した上で、塗装の仕事で大切なのはリピーターを作ること、そのためのアフター点検の実施、CSRなど社会性のある活動など通じて社会になくてはならない企業となることを強調しました。また、サカクラが大規模修繕の住宅リフォーム事業者団体MKSを発足させ、制度により差別化を図っていること、最終的には業界として年収を引き上げ、若い世代が希望して入れる業界にしたいと話しました。参加者からは、「サカクラ発展のきっかけは?」「下請の研修制度は?」「大規模修繕の時はどういうことに気を配るのか」などの意見が出ました。「やはり、仕事だけではだめで、対応力、説明能力が問われる」という参加者の声に、一同大きくうなづきました。
建設横浜では、この研修をもとに来年以降、塗装など業種別会合を開催して行く予定です。

IMG_5087.JPG

IMG_5086.JPG

IMG_5089.JPG

関連記事

ページ上部へ戻る