BLOG

9/1現場力アップ、マナー研修を開催

9月1日、「現場マナーから始まる営業活動」「接客姿勢で消費者のファンづくり」国土交通省出身でJBN「マナーハンドブック工事現場編」の編集を進めた清水秀雄さんを講師に港北公会堂で現場マナー講座を行い、55名が参加しました。清水さんは新築市場が2030年には年間62万戸程度に減るのに対して、中古住宅市場は100万戸を超えることを例示しながら、お客様の目の前で施工するリフォームやリノベーションでの現場マナーの重要性を強調しました。清水さんの話は挨拶の基本から工事着工前対策、個人対策、モラル対策、工事対応までひとつひとつ具体的に触れ、どういうクレームが具体的に起こっているのかを紹介しながら説明、時には笑いも織り込みながら「サービスとクレームは紙一重」ということを二時間休憩なしで講習していただきました。講演後に、今井書記長が「自分も含めて身につまされる話が多かったと思います。まあいいだろうで済ますのではなく、現場は営業現場なんだと気を引き締めていきましょう」と締めくくり終了しました。

  
  

関連記事

ページ上部へ戻る