BLOG

1/18 アスベスト訴訟勝利目指して、首都圏アスベスト訴訟2017新春のつどい開催

  • 今年結審を迎える首都圏アスベスト訴訟の勝利を目指して、神奈川原告団2017新春のつどいが建設プラザで開催されました。主催者を代表して平田原告団長が「10年闘って来た。夜も寝ないで頑張って来た弁護団と支援する会に感謝したい」とあいさつしました。弁護団報告として、西村弁護団長が今回の裁判の意義について特にメーカー責任と一人親方の労働者性について個別の証人尋問も開き進めてきた、建材も作業毎に特定して来た。国と企業の責任を明確にして、早期に基金の設立を進められるように奮闘したいと決意を明らかにしました。乾杯の後、乾杯の後は神奈川労連などの各団体から心温まる激励をいただきました。

関連記事

ページ上部へ戻る