BLOG

1/29建設アスベスト京都訴訟、四たび国を断罪、初めてメーカー責任認める!

<b>  1月29日、午後2時30分、京都地裁第4民事部で、比嘉裁判長は国と建材メーカーの責任を認める判決を言い渡しました。国の責任が認められたのは、東京、福岡、大阪に続く4度目、今回は建材メーカーの責任が初めて認められました。今回の判決では吹付作業者に対する規制については昭和47年10月1日以降、建屋内の石綿切断作業については49年1月1日以降について国がアスベスト建材について防じんマスクの着用や集じん機付き電動工具の使用、さらには警告義務を怠ったことの違法性が認められました。

また、企業責任については、株エーアンドエーマテリアル、ニチアス株、株ノザワら9社の共同不法行為責任を肯定し、賠償責任を認めました。この判決を機に、世論を結集して、建設アスベスト被害を根絶することが求められています。 

 

関連記事

ページ上部へ戻る