BLOG

10/22-23大手企業交渉で、建設 住宅企業に法定福利費別枠支給を迫る

2015年秋の大手建設、住宅企業交渉が豊島区公会堂で10時から集会が行われ、午後2時から各企業との個別交渉が行われました。2日間で40社との交渉が行われました。過去最高の利益をあげる建設各企業ですが、現場の賃金はほぼ上がっていません。この利益を還元し、末端の現場の賃金を引き上げることを第一に、法定福利費別枠支給に踏み切った清水建設などに続いて、各企業に建設技能者の育つよう法定福利費を確保させることを要求しました。交渉に応じた企業側は「標準見積書で請求されたら、支払っている」「契約の特記事項に盛り込む」などの回答がありました。しかし、二次、三次以下の下請についてはまだまだ実施されておらず、課題も明確になりました。 

   

関連記事

ページ上部へ戻る