BLOG

11/6建設横浜 社会保険未加入対策•建設キャリアアップシステム 法人セミナー開催

11月6日、建設横浜本部主催で法人セミナーが開催されました。今回はいよいよ最終期限が間近となって来た社会保険未加入対策と建設技能労働者の処遇改善目指すキャリアアップシステムをメインに説明するということで組合員以外の事業所からも30人の出席がありました。最初に建設横浜の二方委員長が大きな転換点を迎えている建設業界で建設横浜が社会保険未加入対策を進め1000社を適正化した実績を強調、加藤社労士から現時点での社会保険未加入対策について、国税局のデータ運用後の未加入の危険性、建設国保の活用も含めた適正加入、一人親方問題、高齢者の適用などの具体的な説明がありました。続いてキャリアアップシステム準備室の松岡氏からこのシステムの概略と進行状況、建設労働者一人ずつの差別化を図り、それをバネに処遇改善にどう結びつけて行くかという説明がありました。会場からは「プライバシー保護はどうなるのか」という質問がありました。特別報告として白井建設業協会顧問が創業142年となる白井組の歴史から宮大工に伝わる平ノ内家の匠明五券〔しょうみょうごかん〕や京都の町屋の歴史的在り方などにも触れ、伝統技術継承のためにも技術の正当な評価を訴えました。説明終了後は個別相談会が開かれ、外注や一人親方などへの対応で真剣な相談会が開催されました。 

関連記事

ページ上部へ戻る