BLOG

11.19全建総連 賃金単価引き上げ、予算要求中央決起集会開催

衆議院解散が決まり、緊迫した情勢のもと、11月19日に日比谷公園大音楽堂と日比谷公会堂で全建総連中央総決起集会が開催、47県連、5028人が参加しました。国会解散目前というもとで、自民、公明、民主、共産、次世代、社民の各党があいさつに立ち、建設国保への予算満額確保と単価、賃金の引き上げなど、力のこもった訴えがありました。集会では、設計労務単価の引き上げにもかかわらず、現場の建設労働者の賃金引き上げは低額にとどまっており、今こそ賃金単価の大幅引き上げを求める行動を起こそうと決議、東京駅までデモ行進しました。

IMG_4873.JPG

IMG_4871.JPG

IMG_4868.JPG

関連記事

ページ上部へ戻る